杉並区2年目職員広報研修実施!

June 6, 2017

 

現在、弊社の谷が杉並区の広報専門監としてお手伝いさせいただいておりますが

今日は2年目の職員さん(90名)に向け広報研修を実施しました。

 

研修内容としては

『広報って何?広報の大切さ・コミュニケーションの大切さ』 などを中心にお話ししました。

ぜひ職員さんには研修の話の中で少しでも気になるところがあったら何でも気に留めて

行動して欲しいですね。

 

受け手が行動してこそ、広報活動の成果である!と思います。

 

参加する職員さんに向けて最初のマインドセットは

[『広報課の人間』として今からの研修に参加してください。]に設定。

 

何でも 『自分ごと』 として消化しないと自分のものにならないと思ってます。

 

講師をやらせていただいて気にするのは最後のアンケート。

ドキドキしながら見させていただきましたが概ね僕が言いたかったことは

少しは伝わっているようでした。

 

講師冥利に尽きる言葉をいただいたのでちょっと紹介しますね。

 

【2年目職員広報研修の嬉しい声】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◯自分が今後広報課に配属になって広報に関する仕事に少しでも携わった時またもう一度聴きたいと思えるほど興味を持つことができた。コミュニケーションを、大切にしようと改めて思いました。面白かったです。

 

◯今までの広報に対して受け手のことを意識していなかったが受け手があっての広報なのだと認識が改まりました。分かりやすく面白かったです。ありがとうございました!

 

◯グループワークや動画があり楽しくわかりやすかったです。広報やコミュニケーションについて深く考えるのははじめてでした。これから受け手のことを考えてやっていきたい。

 

◯日々の言動、行動が広報活動であることを肝に銘じていきたいと思った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

90名中どれだけ感想を書いてくれるかと楽しみにしていましたが

64名の方々が研修の感想を書いてくれたのでまあまあな成果ですね!

 

今後の彼らに期待です^^

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

 

Copyright © MACARON All Rights Reserved.