杉並区広報研修『PR⇔labo〜伝わるキャッチコピー編〜』

December 25, 2016

 

12/20に弊社の代表であり、杉並区広報専門監の谷のプロデュース、

杉並区の職員向け広報研修 『PR⇔labo〜伝わるキャッチコピー編〜』 を開催しました。

 

この 『PR⇔labo』 とは、広報のノウハウをもった講師を外部からお招きして

自治体職員向けに研修を行い、職員の広報力を向上させるための取り組みです。

 

 

今回で4回目。

コピーライター・プランナーの藤井識史氏を講師としてお招きし、

「伝わるキャッチコピーの作り方」 を座学はもちろん、実践中心で行いました。

 

 

 

今回の『PR⇔labo〜伝わるキャッチコピー編〜』 の内容は

伝わるってどういうこと?

人を巻き込むために考えるべきはどんなこと?

じゃあそのためにキャッチコピーはどう書けば良いのか? など。

 

前半は座学を中心に進行。

その座学を踏まえ、

 

◯実際にキャッチコピーを書いてみる!

◯区の発信している情報をわかりやすく交通整理する!

 

など超実践的なワークをしました。

 

この研修も座学・ワーク(コピー制作)・プレゼン・講評までをやってしまうという

超充実の3時間!

 

普段なにげに使っている言葉も一工夫で

「人を動かす」 力になるんです。

 

 

 

この『PR⇔labo』 では座学のみの研修は行いません。

必ずワークを入れています。

なぜなら座学を聞いただけでは実際の業務に応用できないし、聞いて終わりです。

 

それでは貴重な時間がもったいない。

『PR⇔labo』 では実際の職員の皆さまに役立つ情報や研修を

ニーズに合わせて、カスタマイズして構成しています。

 

 

 

【参加した職員の声】

・なかなかこのような研修がなかったのでとても良かった。

・キャッチコピーの考え方がわかり職場ですぐに活用したい。

・考え方の道筋の立て方がわかりやすくて良かった。  など

 

 

次回は来年1/16開催の第5回 『PR⇔labo〜伝わる企画編〜』

満員御礼!

ありがとうございます!!

 

 

 

 

 

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

 

Copyright © MACARON All Rights Reserved.