【開催報告】全国市町村国際文化研修所でSNS研修を実施

今年度も多く研修のお話をいただき、ありがたいです。 やはり、書籍を読んでいただいた方からのお問合せが多いですね。 感謝です。ありがとうございます。

さて、先日は全国市町村国際文化研修所さまよりお声がけいただき全国市町村国際文化研修令和4年度政策・実務研修 「自治体におけるSNSの活用」を担当させていただきました。

研修ではSNSだけでなく、伝わるための考え方もお話ししました。 なぜならSNSの情報発信は情報が住民に伝わるための手段だからです。

SNSという手段をどう住民に伝えていくのか?そしてそれが伝わるのか? 伝わる情報発信に大切なことも含めお話ししました。 研修後の感想としては、 ◯伝えると伝わるの違い・広報の意味がよく分かっていなかったので 教えていただき良かったです。 ◯各SNSの利用者の年齢層のこと、伝えたい情報を1つにまとめること、 広報の役割を再認識することができ、学びになりました。 ◯目的やターゲットに合ったツールを使って効果的なタイミングで発信すること、 分析をおこなうことの必要さを感じました。 コロナの影響もあってかSNSの研修のお話が増えています。 興味があればぜひお気軽にお問合せください。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ◯広報研修をお考えの自治体のみなさまへ 自治体向け広報デザイン講座の詳細はこちら ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最新記事
アーカイブ